2012年06月16日

水無月

P1019245.1.jpg


6月30日に食べる和菓子です。
外郎生地に小豆の蜜煮を乗せて蒸しあげます。
また、特徴的なのは、この三角の形です。
かつて、6月30日に京都の氷室から氷を取り出し宮中に献上しました。
夏に氷室の氷を口にすると夏痩せしないと言われたそうです。
しかし、庶民は口にする事が出来なかったのでそれを模して作られたお菓子だと言われています。
小豆は悪魔祓い、三角形は氷を模しているとの事。
1年の半分に当たるこの日、後り半年を無病息災で送れるようにと願いも込められていたようです。

今朝、「今日は、かりんとうを作ろう!」と思い立ち、材料を用意し始めたら”炭酸アンモニア”が無い・・・
無くても出来上がりにそう大差ないよね〜と重曹をちょっと多めに仕込みました。
生地を休ませて適当にカット。
ん〜〜、変わりないじゃん。OK〜OK〜♪
油で揚げると。。。変わりあるじゃ〜〜ん(涙)
低温で泡が出なくなるまでじっくり揚げるんだけど、その泡がいつまでたっても無くならない。
いくら低温だって言ってもあんまりずっと揚げてるもんだからきつね色通り越してこげ茶色。
出来上がったものをちょっとつまみ食いしてみたら、カリッとはしてるけど苦い〜〜(泣)
黒糖蜜に絡める前にあえなくゴミ箱行きとなりました(凹)
次回は、ちゃんと材料揃えてリベンジです!




banner2.gifにほんブログ村 スイーツブログへ

クリックしていただけると嬉しいです。ランクインしている他のブログもご覧いただけます。


posted by maika at 17:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275505457
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
RDF Site Summary
RSS 2.0

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。